50歳を過ぎてから思うこと

50歳を過ぎてからつくづく感じる体の異変

50代からの健康づくりTOP > 50歳を過ぎてから思うこと

50歳を過ぎてから思うこと

50歳を過ぎてからつくづく感じる体の異変

若いときには、全く気にもしなかったことが気になってくる。

ものを持ったり押したりするときに、腕が痛いのではなく、関節に痛みを感じる。
普通にしているだけで、指の関節が痛かったりする。

なんだか風邪も引きやすいし、体力が落ちた気がする。
抜け毛も多くなり、髪の毛にボリュームがなく、なんだか薄くなったような気がする。

50歳を過ぎてからつくづく感じる。

健康のことなんかあまり気にしていなかったけど、自分の体に異変を感じるようになると流石に無視はできない。

そんな年齢を重ねることで、気になるようになった健康情報をお伝えします。

50歳を過ぎてから思うこと 関連記事

Top へ