座りすぎは体に悪い、寿命も縮まるってホント?

座りすぎは体に悪い、しかも寿命も縮まる。防止するには立ち上がる。

50代からの健康づくりTOP > 今、気になる健康について > 健康全般 > 座りすぎは体に悪い、寿命も縮まるってホント?

座りすぎは体に悪い、寿命も縮まるってホント?

座りすぎは体に悪い、しかも寿命も縮まる。防止するには立ち上がる。

なんだかめまいがするような・・・
ふらつくような気がしていました。

食事のせいか?
運動不足のせいか?
よく分からないんですよね。

そんな時、座りすぎが体に悪いってことを聞きました。
ずーっと座っていると、宇宙にいるのと同じようで
老化が急激に進むそうです。

そういえば、宇宙飛行士が宇宙から帰ってきたとき
人から運ばれたり、いすに座ったりと
自力で立つことができない様子を見たことがあります。

宇宙では、毎日のように運動をしているのに
全く役に立っていないみたいです。

その理由は、耳石にあるようです。

耳石とは、
動物の耳胞または内耳にある石灰質の結石あるいは砂などの小片。これが感覚毛に触れることにより平衡感覚を生じる。(広辞苑より)

つまり、重力を感知する装置のこと。

実は耳石は、全身の筋肉とつながっていて、
体の傾きを耳石が察知すると、その情報は即座に筋肉に伝えられ
そのおかげで筋肉は、力を入れて体を支えるとこができるそうです。

ところが、無重力状態の宇宙では、耳石も浮いてしまいます。
だから、いくら運動をしても耳石は動かないので筋肉に信号は伝わらないのです。

つまり、宇宙のような無重力状態では、
体の筋肉が思うように使われないので、どんどん体が弱っていくそうです。

その宇宙と同じ無重力状態が・・・
座りっぱなしの状態で起こるのです。

そういえば・・・

しばらく忙しくて何ヶ月も座りっぱなしの仕事をしていました。
もしかして、この座りすぎが体に異変を起こしているのかもしれません。

めまいやふらつきの原因が、この座りすぎかは分かりませんが、
注意した方が良さそうですね。

座りすぎの予防法は、
30分に一回立つだけでいいそうです。

立つという動作で、耳石はかなり動くそうなので。

あと、立ったまま使える机もあるので
腰痛の方など立ったまま仕事ができたほうが姿勢が楽って方にはおすすめです。

座りすぎは体に悪い、寿命も縮まるってホント? 関連記事

テレビゲームで高齢者の健康増進

テレビゲームを高齢者施設に取り入れ健康増進に役立てているらしい。シニア向けの健康施設って、健康のために軽い体操やレクリエーションをやっていますよね。でも、これってあまり男性には受けないものって多いようで、男性の参加率が少ないそうです。そのため、男性の認知力や体力の低下が問題になっていま...続く

頭が痛いときは起きていた方がいい時もある

ほとんど頭痛なんて起きないが、冬場になると頭痛で苦しまされるときがある。それは風邪を引きかけているときに、背筋がゾクッとして、日頃使いすぎている右目(きき目)の奥が痛くなる。最悪の時は、吐いてしまうこともある。いつもこのように頭が痛くなって、右目の奥が痛くなると危険を感じ早めに寝る...続く

肩こり解消するにはゆっくり話す

肩こり解消するには、ゆっくり話すといいらしい。その理由は、ゆっくり話すと、吐く時間が長くなるので深く息を吸う必要があります。深く息を吸うには、吸う筋肉の横隔膜が鍛えられます。つまり、横隔膜が鍛えられると、呼吸が深くなり、体全体に酸素が行き渡り、代謝がアップし肩こりの解消につなが...続く

ストレッチで肩こり解消

仕事でパソコンを使うことが多い。そのためか、首がいつも重い。チューブでトレーニングとリハビリテーションという本があり、やってみようとしたらチューブが古くなっていて「プチッ」と切れてしまった。筋力トレーニングもいいけど、体が硬い気もするのでストレッチの方がいいかもと思い、「最高に気持ちいい!...続く

Top へ