内臓脂肪が多いと便秘になる

内臓脂肪が多いと腸の動きが悪くなり便秘になる

内臓脂肪が多いと便秘になる

内臓脂肪が多いと腸の動きが悪くなり便秘になる
内臓脂肪が多いと便秘になるのイメージ画像

内臓脂肪がつきすぎると、腸の動きが悪くなり食べ物をうまく運べなくなるので便秘になるそうですね。

そもそも内臓脂肪は、内臓を固定するのにある程度は必要なんですが、内臓につきすぎるといろいろと支障が出るようです。

肥満になりやすいってこと。

なぜ内臓脂肪が多いと肥満になるかというと、脳の満腹中枢の働きを弱くするそうです。

満腹中枢がうまく働かなければ当然、食べても食べてもお腹いっぱいになった感じがしないので、食事の量が増えます。

すると体重も増え、満腹中枢の働きも鈍り太りのスパイラルに入ってしまいます。

そうして増えた脂肪が腸に付着すれば、腸の動きも悪くなるので便秘になると言うことです。

内臓脂肪って結構あまく見ていますけど、体にとってとても危険なものなんですよね。

内臓脂肪が多いと便秘になる 関連記事

Top へ