巻き爪ブロックで巻き爪を治療する

巻き爪になると転倒しやすくなり歩行困難になります。それに痛い!そんな巻き爪の治療法を教えます。

巻き爪がひどくて歩けない

巻き爪は切り方によってどんどんひどくなる

足の爪が巻き爪になると転倒しやすくなるって知ってました。ネイルアートが一般的になっている今、手の爪はキレイな人多いですよね。しかし、足の爪となるとおろそかになっている人多いのではないでしょうか。

爪をファッションの一部としておしゃれにするのは良いけど、爪には本来きちんとした役目があります。特に足の爪は体のバランスを取るのに非常に大切なのです。

体のバランスは、足の親指の腹にあるセンサーが圧力を感じてバランスを取っています。しかし、巻き爪になると圧力が伝わりにくくなり、体のバランスが上手くとれなくなるのです。

巻き爪の主な原因は爪の切りすぎによっておこります。爪が内側に巻いてくると痛みが出ますよね。そのため爪をさらに切ろうとします。すると爪がどんどん内側に巻いていきます。この繰り返しで巻き爪がひどくなります。そうなると足の踏ん張りが効かなくなり、転倒しやすくなるということです。

巻き爪の原因

爪は本来巻き込む性質を持っています。

巻き爪の原因は爪の切りすぎ。ではなぜ爪を切ると巻き爪になるのか?爪は本来巻き込む性質を持っています。それを指の腹にかかる圧力で抑えています。また爪は指先でしっかりものを持つためにとっても大切なもの。

しかし、爪を切りすぎてしまうと指の腹が敏感に反応するので圧力がかかりすぎていると判断し指を使わなくなります。すると爪は圧力不足で巻き爪になってしまうのです。そのためにも巻き爪にならないためにきちんとした爪の切り方を知る必要があります。

ほとんどの人が爪を切る場合肉が見えるように切ります。すると指に圧力がかかったときに爪が肉に食い込み圧力がかかりすぎていると勘違いします。ですから爪を切るときは肉が見えないように切ることがポイントになります。

巻き爪にならない靴の選び方

巻き爪にならない靴の選び方のポイントはかかとぴったりで指先にゆとりのある靴です。

巻き爪にならないためには靴の選び方も大切です。靴のサイズはメーカーによってバラバラになっています。同じサイズ表記なのに合う靴と合わない靴があった経験ないですか?靴のサイズはメーカーによって足の快適さを考慮して作っていますからデザインが変わればサイズも違ってきます。最近通販でも靴を購入する人が多くなっていますが注意が必要です。買う前に口コミなど良くチェックすると良いです。

巻き爪になりやすい靴は、サイズの小さい靴です。爪の先に圧力がかかれば痛みが出るので無意識のうちに足の指を使わなくなります。結果巻き爪になります。

巻き爪にならない靴の選び方のポイントはかかとぴったりで指先にゆとりのある靴です。かかとに指1本分の余裕なんてあってはダメです。その時点で足は前に滑り指先に圧力がかかります。買う前にきちんと履いて確かめましょう。

巻き爪の治療法

巻き爪の症状が軽い時は爪を伸ばすことで解決

巻き爪の治療法は症状が軽い時は爪を伸ばすことで解決できます。それでも痛みがあるときはコットンパッキングで爪と肉の間に化粧用のコットンをはさみ痛みを抑えながら爪を伸ばしていきます。

巻き爪の症状が重い場合は、ワイヤー矯正治療がおすすめです。ワイヤー矯正治療は形状記憶のワイヤーを爪に通して丸まった爪を元に戻します。形状記憶合金ですからもとにも戻ろうとする性質を利用するのです。このワイヤー矯正治療の治療時間はほんの何分かの治療です。痛みのないので手軽に巻き爪の治療を行うことができます。

しかし、ワイヤー矯正治療は保険が利用できないのでちょっと割高にはなります。巻き爪は症状により治療法が違ってきますので専門医に相談するようにしてください。病院は皮膚科、外科、形成外科、整形外科になります。

Top へ