帯状疱疹の始まりは筋肉痛から

帯状疱疹の始まりは、ピリピリと刺すような痛みと言われているが、それだけでは無い

帯状疱疹の始まりは筋肉痛から

帯状疱疹の始まりは、ピリピリと刺すような痛みと言われているが、それだけでは無い

休み明けの仕事中に、左の肋骨の下あたりに
ズキッとする痛みが偏頭痛のように来ていた。

前日の休みの日に、
ゴルフトーナメントでのタイガーウッズの活躍を見せられ、調子に乗って素振りをしたせいで筋肉痛になったのだろうと思っていた。

翌日も、
左の肋骨の下あたりのズキッとする痛みは治まる気配は無く、さらに痛くなっているように感じられた。

3日目は、
背中の方までズキッとする痛みが現れたが、仕事も休みだったのでゆっくりしていれば治るだろうと、ストレッチをやったりしていたら・・・

風呂上がりに「左の肋骨の下に赤い斑点が現れていた」

なんだこれ?って思った。(このとき帯状疱疹のことは知らなかった)

4日目、
仕事に出てスマホで撮った写真を同僚に見せると

同僚:「それってもしかして帯状疱疹じゃ無いの?」
自分:「なんですか?帯状疱疹って?」
同僚:「帯状疱疹って痛いらしいよ。それに後遺症が残ると大変らしいよ」
自分:「でも痛みもないし…ちょっと様子を見てみます」
   「それより胴体が痛いです」

てな感じでこの日は終了。

5日目、
相変わらず、左の肋骨の下あたりのズキッとする痛みは治まる気配は無く、背中までズキッとする痛みが加わり最悪の体調になってきた。

そんな時に職場の薬剤師の先生に見せたら

先生:「あらっ帯状疱疹じゃない」
   「背中も帯状になっているよ」
   「早く病院に行かないと治療が遅れると大変よ」

って言われ、急いで病院に行ったら「帯状疱疹」でした。

帯状疱疹の始まりは筋肉痛から 関連記事

帯状疱疹の痛みの特徴はピリピリ

帯状疱疹の特徴は、一般的にはピリピリとする刺すような痛みと言われているが、私の場合は、筋肉痛の方が酷いです。帯状疱疹の、左の肋骨の下に赤い斑点も確かに違和感は感じますが、胴体の前と後ろに偏頭痛のように不定期に来るズキンとした痛みの方がつらいです。その痛みのおかげで、体をねじることや前屈するこ...続く

Top へ