低血圧解消法

低血圧は周りの人になかなか理解されない病気です。そんな低血圧解消法お伝えします。

低血圧と貧血の違い

低血圧は血液を送り出す力が弱い。貧血は血液が薄く血液中の赤血球が少ない。

低血圧で悩んでいる人は全国で1600万人もいるそうです。低血圧の症状は、朝起きられない、立ちくらみ、首から肩にかけての痛み、耳鳴り、頭痛、目がかすむなどです。そのため学校や会社に遅刻したりして周りに迷惑をかけたりします。

低血圧は、周りの人に理解されにくい病気でもあるので、このような症状が続くと最悪の場合、会社を辞めざるを得ない状況になる人もいます。

低血圧のことを、誤解している人もいます。低血圧解消法のアンケートを採ると鉄分、レバーをとるなどがあげられます。しかし、この回答は貧血の解消法で、低血圧をきちんと理解していない人が多いことを証明しています。

そもそも貧血は、血液が薄い、血液中の赤血球が少ないことを言います。そのため貧血の解消法としては、赤血球に大切な鉄分を補給する必要があります。一方、低血圧は血圧が低い、血液を送り出す力が弱いことを言っていますので貧血と低血圧では解消法が違うのです。

低血圧の対処法

低血圧によるめまい・立ちくらみの対処法

低血圧による突然のめまい・立ちくらみって怖いですよね。そんな突然起こったときの対処法を紹介します。

その場にしゃがむ

まずはその場にしゃがむこと。たったまま我慢しないことです。動くと危険ですから、しばらくしゃがむことで血圧が回復してきます。

パーティーポジションをとる

次いでパーティーポジションをとる。パーティーポジションとは、太ももを交差させ締め付けるように力を入れるポーズです。このポーズで血圧が10mmHg程上がります。

低血圧をサポートするグッズも良いですね。弾性ストッキングなんかは足を圧迫して血圧を適度に上昇させてくれます。

低血圧の解消法

食べ物による低血圧改善法を紹介します。

低血圧は、血圧が低いため血液を送り出す力が弱い。そのため血圧を上げる必要があります。まずは食べ物による低血圧改善法を紹介します。

赤ワインとチーズによる低血圧改善法

低血圧を改善する食べ物は、赤ワインとチーズです。赤ワインとチーズには血圧を適度に上昇させるのに効果的な成分、チラミンが入っています。チーズは硬めのゴーダチーズ、チェダーチーズが濃縮されているのでおすすめ。この赤ワインとチーズの組み合わせは、フランス料理によく出ます。実はフランス人は、食事による血圧低下を考えてこのように赤ワインとチーズをとるようにしているのです。日本にはない習慣ですが、オシャレだけではなく意味があったのです。

カフェインによる低血圧改善法

さらに血圧を上げるには、カフェインも効果的です。朝の目覚めに弱い低血圧の人は、コーヒーとチーズを朝食でとるといいです。カフェインが苦手な人は無理しないようにしてください。

低血圧改善睡眠法

あとちょっとした工夫で低血圧を解消できます。それは低血圧改善睡眠法です。ベッドの頭側を10?15cm高くするのです。このようにすると腎臓が血圧を上昇させるためのホルモン、レニンを分泌してくれます。

低血圧解消法の考え方としては、高血圧解消法の逆をすればいいと言うことです。例えば塩分をちょっと多めにとる、ちょっと太り気味になるなど。

でも何事も無理は禁物ですが・・・

低血圧のトレーニングによる治療法

自律神経を鍛えることで血圧をコントロールする

低血圧の治療法として、トレーニングする方法もあります。低血圧は自律神経がうまくコントロールされていないことで起こりますので、自律神経を鍛えることで血圧をコントロールするのです。

低血圧治療のトレーニングとして、体操や呼吸法がありますが、簡単な方法としては感情、表情を作ることです。表情を変えることで自律神経を鍛えます。

喜びの表情、悲しみの表情、驚きの表情、恐怖の表情、怒りの表情、安らぎの表情。これらの表情を呼吸と合わせて行うことでより効果的にトレーニングできます。

Top へ